熊本県地震災害支援、支援の方向性

みんな地球の子どもじゃんとして今回の支援の方針
いち早く現地入りしたNPO法人BOND&JUSTICEの代表大土雅弘氏と連携し、必要なものの物資の支援をみんな地球の子どもじゃんでは行います。
随時大土さん、現地の知人、農家さんなどから得た情報をこちらへ更新してまいります。

2016年4月18日
まず、必要になる物資は炊き出し用のお米を1000キロ
カレー用の器、丼、パックなど、スプーン、割り箸など、支援が必要だと大土さんからの情報です。
熊本知人より、子どもの紙おむつ、粉ミルクが不足しているとのことです。

これら物品としての寄付の呼びかけ
物品購入費としての寄付のお願い
販売サイトを利用してダイレクトに届くシステムの確立

以上の動きでみんな地球の子どもじゃんは皆様へご協力をお願いしていくことになります。
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。