みんな地球の子どもじゃんが考える安心とは

Think Global, Act Local.

農薬に気を使う人、添加物を避ける、動物性たんぱく質をとらない・・・「食品を選ぶ」「食べる」という行為は当然自由です。
安心とは、不安がなく、心が安らかな感じを言うのであれば、国や誰かが決めた「基準」にもとずくのではなく、一人一人が判断する。
それが安心であると、みんな地球の子どもじゃんは考えます。
原発事故後、放射能汚染が起きてしまったことは事実です。それに不安を感じることは間違ったことではありません。
放射能汚染も同様、求める「安心」は人それぞれ。
私たちはわからないからこそ最善を尽くし、皆さまの求める安心にお応えしていきたいと思います。

プロジェクトフードとは

知る・選ぶ・食べる・貢献する。みんなで作る、支援のサイクル。

オンラインショップ

ONLINE SHOP

安心できる食べ物をおいしく

「子どもたちへ安心できる食を届けたい」という私たちの想いに北海道から九州まで、多くの生産者さんが参加してくれています。すべて放射能検査を行い未検出のものだけを取り扱うショップです。収益はすべてみんな地球の子どもじゃんの活動費となります。安心できる食べ物をおいしく食べることで、子どもたちの笑顔につながる・・・それがプロジェクトフードです!

オフィシャルショップへ

子どもたちへの支援活動

安心できる食べ物を食べて、お買い物で、みんな地球の子どもじゃんを応援してください!
プロジェクトフードでの収益は全て、みんな地球の子どもじゃんの活動資金となります。

パパに会いたいプロジェクト

東日本大震災による母子避難者へ、被災地に残って頑張ってるパパを届けるプロジェクトです。

詳細はこちら

遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ

いまだ不自由な生活を送る被災地の子どもたちに、十和田の楽しい!を体験してもらおうと、実行しているプロジェクトです。

詳細はこちら

WHITE LINK プロジェクト

食の問題を共に考え、子ども食堂へお米を届けるプロジェクトです。「知る」「選ぶ」「アクション」が WHITE LINK プロジェクトです。

詳細はこちら

「学校へ行こう!」プロジェクト

インドネシア孤児院「PAZKI」へART BUSをプレゼント!再びインドネシアのストリートでポップなART BUSに子どもたちが乗り込み 笑顔で歌える日が来るように。

詳細はこちら

インドネシア孤児施設マンスリーサポーター

インドネシアの孤児施設へおよそ2カ月に一度、施設に必要なものを寄付し、子どもたちと語り合い、向き合い、共に考え、大きな夢を皆でつかもうというプロジェクトです。

詳細はこちら

安心を追求する生産者さんを応援

プロジェクトフードの取り組みにご賛同、ご協力を頂いている、熱いハートの生産者さんをご紹介いたします。

北海道旭川市 のなか農園さん

のなか農園の田んぼの水は北海道でも有数の森林地帯、大雪山脈に端を発する石狩川の水。流れて来る間に森林の有機物をたっぷりと含んだお米にとっては滋養の高い最高の水。北海道の大自然の豊かな力と親子三代で米を作り続けてきた野中さんの巧の技が相まって、お米の本来の美味しさを最大限に引き出しているのです。

詳細はこちら

北海道新篠津村 ファーム田中屋さん

ファーム田中屋では、「有機などにこだわっている人にもっと届けていきたい」、「大量に作ってただ流通に乗せるだけではなく、作り手と消費者の距離を近く」にこだわり、消費者との食の交流などから感動の共有し、消費者に必要とされ応援される【感動農場】を目指しています。

詳細はこちら

徳島県 阿波ツクヨミファームさん

阿波ツクヨミファームは、生物多様性をテーマに化学農薬や化学肥料を利用せずに農産物を育てています。
地元阿波市・吉野川市を中心に生産された徳島の農産物を販売しています。安心・安全、大地の恵みをそのまま受け継ぐ、本当においしいものを追求し続けます。

詳細はこちら

徳島県 原矢さん

はらやじいさんの無農薬米が作られる徳島県阿波市吉野町は、温暖で日本で指折り数える日照量が多い地域で、日本で限られた南面の扇状地です。
除草剤はもちろん、化学農薬、化学肥料を一切使わず育てました。

詳細はこちら

鹿児島県 清泉社さん

清泉社さんは、鹿児島のこだわりの食材を取り扱い発信されています。
鹿児島の食で少しでも力になれるなら・・・と、多くの方に声をかけて頂き、子どもたちの為なんだ、安心できる食を提供しよう!と多くの生産者の方をご紹介頂いています。

詳細はこちら

鹿児島県 洋丸水産さん

鹿児島県鹿屋市古江町は、気候も暖かく、生簀のある古江町沖は水深が深く、潮流が速いことから新鮮な海水に常に交換され、カンパチとってとても快適な場所です。
カンパチも元気に泳ぎ、身が引き締まった魚になっています。

詳細はこちら

鹿児島県 カルスコさん

「プロジェクトフードさんの活動に大いに賛同いたします。少しでもお力になれれば幸いです。」
低添加・5大アレルゲン(落花生・小麦・卵・そば・乳)を使用しないため、お子様がいるお客様でも安心してお召し上がり頂ける製品です。

詳細はこちら

鹿児島県 龍治農場さん

最高級の鶏肉として知られる去勢鶏の飼育に成功しました。
飼育期間に7カ月以上をかけ、餌には、鹿児島産のからいも、米ぬか、ちりめん、ねぎを利用し独自の飼育方法がこだわりです。
こだわって生産した鶏を多くの方々に食べて頂きたいです。

詳細はこちら

取扱い店舗

応援頂いてるお店

ラーメンHANABI

らーめん雅楽

PURE CAFE

LICOT

生産者さん、取扱い店舗、企業など募集

NPO法人みんな地球の子どもじゃんでは、私たちの取り組みに賛同頂ける生産者さん、私たちの活動を応援頂ける店舗、企業、イベントなどを求めています。
子どもたちの未来を「安心できる食」で、私たちと共に、つないでいただけませんか?

最新情報

プロジェクトフードの活動報告・関連イベントのご紹介です。

DSC_0673

【子どもファーム活動報告・2017年9月21日】

【子どもファーム活動報告・2017年9月21日】 先日の子どもファームでは、にんにくを植えるためにみ・・・続きを読む

2017.09.22|お知らせ, プロジェクトフード, 子どもファーム
21216154_880129045483996_1030592385_o

福島県伊達市、認定子ども園「神愛幼稚園」へ北海道の・・・

サマーキャンプへも参加した、福島県伊達市の神愛幼稚園の子どもたちへ 北海道の田中さんのおぼろづき20・・・続きを読む

2017.08.30|お知らせ, プロジェクトフード
DSC_0328

8月19日子どもファーム活動報告

今日は子どもファーム。 5月に行われた第一回子どもファームでジャガイモや大根の種を植えた園の子どもた・・・続きを読む

2017.08.19|お知らせ, プロジェクトフード, 子どもファーム
mb

子どもファームお知らせ

【お知らせ】 7月の子どもファームは、8月2日~5日まで被災地の子どもたちを十和田へ招待する「遊ぼう・・・続きを読む

2017.08.17|お知らせ, プロジェクトフード, 子どもファーム
sn-DSC_3254

第3回「子どもファーム」活動報告

2017年6月25日第3回子どもファームを無事に終了しました! 朝9時より十和田市内の無農薬農家さん・・・続きを読む

2017.06.26|お知らせ, プロジェクトフード, 子どもファーム
mb

種まきから販売まで経験!子供の心を豊かに育てるファ・・・

クラウドファンディングFAAVOに挑戦中!・・・続きを読む

2017.06.04|お知らせ, プロジェクトフード, 子どもファーム