パパに会いたいプロジェクト

パパに会いたいプロジェクトとは

東日本大震災による母子避難者へ、被災地に残って頑張ってるパパを届けるプロジェクトです。

詳細はこちら

活動報告・ご家族からのメッセージ

各種ご案内や、パパに会いたいプロジェクトを利用されたご家族からのメッセージをご紹介いたします。

詳細はこちら

支援の内容

東日本大震災による母子避難者へ、被災地に残るパパが避難先の家族へ会いに行く交通費を支援します。

詳細はこちら

ご協力のお願い

避難して家族が離れ離れになってしまった子どもたちへ、パパを届けるためには皆さまのご協力が必要です。

詳細はこちら

パパに会いたいプロジェクトとは

東日本大震災による母子避難者へ、被災地に残って頑張ってるパパを届けるプロジェクトです。

自主避難の現実・・・離れ離れになる家族

私たちは避難の現場に3年にわたり携わって来ました。郡山駅、福島駅で家族と待ち合わせをし、バスに乗り仙台港へ、仙台港から15時間をかけて苫小牧港 へ。そこからさらにバスで札幌の避難先住宅への同行をしてきました。どれもこれも厳しい現実ではありますが、中でも駅前の光景は胸に突き刺さったままで す。見送るおじいちゃん、おばあちゃんがいます。2重生活を支えるためほとんどの父親は被災地に一人残ります。避難当日、小さな我が子を胸に抱き、何度も 「この子をお願いします」と頭を下げる父親の姿を忘れる事が出来ません。

子どもたちへパパを届けたい

その想いは強くなり、被災県に一人残る父親が避難先の家族へ会いに行くための交通費支援「パパに会いたいプロジェクト」を2011年12月よりスタートさせました。我が子に会う事が出来ないパパが居ます。避難先でママは我が子を必死に守っています。パパに甘える事が出来ない子どもたちが居ます。苦境からドロップアウトしてしまうご家族も居ます。
私自身も小さな子を持つ親として、他人ごとで済ますことの出来ない現場に幾度も立ち会い自分のこととして考えるのです。我が子の成長を近くで見守る事の出来ない父親の辛さを。
それはほんのひとときかも知れませんが、夏休みを、クリマスマスを、正月を、誕生日を・・・家族で過ごすことが出来るよう、皆さまの力を貸して欲しいのです。
子どもたちにパパを届けるためご協力をお願いします。

パパに会いたいプロジェクトムービー

みんな地球の子どもじゃんのパパに会いたいプロジェクトは、被災県に一人残るパパを避難先の家族へ届けるプロジェクトです。
原発事故により離れて暮らすことを余儀なくされるご家族がいる現実を一人でも多くの方に知ってもらうため動画を作成しました。
原発や放射能汚染に対しての考えは人それぞれですが、この現実はいつ私たちの身に起こるかわかりません。
子どもたちに私たちは何を残すのか・・・どうか自分のこととして考えて下さい。
そして一人でも多くの子どもたちへパパを届けるため力をお貸しください。

制作:たかはしよしこ(みえないばくだん作者)

活動報告・メッセージ

各種ご案内や、パパに会いたいプロジェクトを利用されたご家族からのメッセージをご紹介いたします。

haruyasumi

パパに会いたいプロジェクト「家族再会支援2017春休み」・・・

パパに会いたいプロジェクト「2017春休み」の募集を開始します。 対象期間:2017年3月20日~4・・・続きを読む

2017.02.24|お知らせ, パパに会いたいプロジェクト
DSCN3862

「パパに会いたいプロジェクト」活動継続危機につきご支援の・・・

2017年の春休みに原発事故による母子避難の子どもたちへパパを届けるための交通費が足りていません。 ・・・続きを読む

2017.01.10|お知らせ, パパに会いたいプロジェクト
ms-ita-g

パパに会いたいプロジェクト~夏休み家族再会支援~I様より・・・

この度は、ご支援頂きありがとうございました。 広島県に母子避難しているため、妻と子供達に会うのは1年・・・続きを読む

2016.10.13|パパに会いたいプロジェクト
ms-dsc_1770

パパに会いたいプロジェクト~夏休み家族再会支援~ FN様・・・

8月26日から8月29日 FN様より寄せられたメッセージ 今回は支援いただき本当にありがとうございま・・・続きを読む

2016.09.16|パパに会いたいプロジェクト
img_01

パパに会いたいプロジェクト~夏休み家族再会支援~ T様よ・・・

8月6日〜8月12日参加のT様よりメッセージ 8月6日の夜から約1週間、妹が遊びにきてくれました。 ・・・続きを読む

2016.09.03|パパに会いたいプロジェクト
10145

パパに会いたいプロジェクト~夏休み家族再会支援~ F様よ・・・

「忘れもしないあの日から早5年。札幌に移住してきたのは2012年のお正月頃でした。なので札幌での避難・・・続きを読む

2016.08.26|パパに会いたいプロジェクト

支援の内容

東日本大震災による母子避難者へ、被災地に残るパパが避難先の家族へ会いに行く交通費を支援します。

受益者 原発事故による災害救助法適用地域からの母子避難をされ、被災県に残る父親が避難先の家族へ会いに行くことを条件とします。 移動は公共交通機関に限定させて頂きます。 プロジェクト参加の感想、移動の際の使用交通機関の領収書を画像と共に提出頂ける方。
実施時期 お正月、ゴールデンウィーク、お盆休みなどに合わせて
移動手段 公共交通機関(自家用車による面会は対象外)
支援内容 交通費の一部2万円を補助

みんな地球の子どもじゃんより

パパに会いたいプロジェクトについて

NPO法人みんな地球の子どもじゃん
木村一雄

パパに会いたいプロジェクト「家族再会支援」寄付のお願い

これまで、パパに会いたいプロジェクトは被災県に一人残る父親が避難先の家族へ会いに行くための交通費支援として来ました。パパに会いたいプロジェクト「家族再会支援」では、福島へ一時的に帰る交通費も対象としたいと考えます。皆様からのご寄付をどうかご協力のほどお願い致します。

みんな地球の子どもじゃんでは、自主避難のアテンドを通じ離れ離れになる家族を数多く見て来ました。避難先の子どもたちへパパを届けたいと、2011年12月より「パパに会いたいプロジェクト」を行ってきました。
参加のご家族、参加希望のご家族より、多くのメッセージ、ご意見を頂いています。
その中でも特に多くなってきたのが「福島のおじいちゃん、おばあちゃんに会いたい」という意見です。
ご家族ごとの様々な事情があります。移住先で母親は必死に我が子を育てています。
ご高齢のおじいちゃん、おばあちゃんが避難先へ会いに行くと言うのはむずかしい面もあります。
パパの休みが合わず、避難先へ行くことが出来ない場合もあります。
これまでに寄せられた多くのご意見を考慮し「家族再会支援」として、夏休みは実行したいのです。それには皆様のご協力が必要です。

ご協力のお願い

避難して家族が離れ離れになってしまった子どもたちへ、パパを届けるためには皆さまのご協力が必要です。

支援金お振込先

金融機関名 東京三協信用金庫
支店名 本店
口座番号 普通口座1128224
口座名儀 トクヒ)ミンナチキュウノコドモジャン

クレジットカードで支援

どなたでもクレジットカードで「パパに会いたいプロジェクト」へ寄付ができます。「かざして募金」のロゴ(C)ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクのご利用料金から

ソフトバンクのスマホから、ご利用料金とまとめて「パパに会いたいプロジェクト」へ寄付ができます。「かざして募金」のロゴ(C)ソフトバンクモバイル株式会社

クラウドファンディングで支援

お問い合わせ

何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。