2013年12月22日~2014年12月27日 Nさん

20150423_238525

この度、パパに会いたいプロジェクト支援を受けさせて頂きました。
震災後、母子で北海道に避難してもうすぐ3年になろうとしていますが、長く厳しい冬にまだ慣れたとは言いきれません。

今までに経験した事のない寒さや大量の雪の中、ケガや病気のないよう気をつけながら、なんとか生活していくのに必死です。
防寒費用も多く掛かる分、経済的に交通費まで出費する余裕がなく、家族揃っての冬のイベントはずっとないままでした。

震災前は毎年クリスマスもお正月も家族で楽しんでいたので、幼い子供が「どうしてクリスマスもお正月もパパと一緒に過ごせないの?今まではずっとそうだったのに、どうして?淋しいよ!」と毎年悲しそうにしているのを見るのが切なかったです。
ですが今回この支援を受けられる事になり、北海道での3度目のクリスマスはやっと家族揃って笑顔で過ごす事が出来ました。

大通り公園のイルミネーションやクリスマスイベントを見たりテレビ塔に上ったりと、今までの淋しいクリスマスを取り戻すぐらい楽しい時間を過ごせたと思います。
子供にとても良いクリスマスプレゼントを本当にありがとうございました。
皆様の優しさに感謝します。

今後もこのような温かい支援があると、子供も親も幸せな気持ちになれますし、とても助かります。
同じ地域に避難をしている家庭でも、それぞれ事情や家族構成なども違うので、利用期間や、避難先を訪れる又は被災地に一時帰郷するのどちらでも利用可能というように、融通のきく支援があったら、被災者にとってますます有難い事と思います。

震災から時間が経つにつれ人々の関心も薄れていきがちですが、今後とも子供たちの心のケアの為にもこのような素晴らしい支援が続いて下さる事を深く願っています。
この度は本当にありがとうございました。