【募金箱設置協力のご報告】十和田市「十和田乗馬倶楽部」様

2017bokin-1

今年で4年目となるこの保養キャンプは、十和田乗馬倶楽部さんの協力が無ければ実現していません。
2014年「十和田の美味しいを届けよう」からはじまった私たちのこの活動を、十和田乗馬倶楽部代表の上村鮎子さんへお話しする機会がありました。
十和田を必要としてる子どもたちがいるのなら・・・と、震災以降十和田乗馬倶楽部主催、被災地支援を目的とした「十和田乗馬倶楽部チャリティーフェスティバル」では、その年からイベント収益をすべてこの保養キャンプへ寄付頂くことになり、イベントへも来賓として招待いただき大勢の人たちの前で私が見てきた震災の実情をお話しさせていただくこととなりました。

※2016年十和田乗馬倶楽部チャリティーフェスティバル来賓として挨拶
P1010196

※イベントの様子
_IMG2201

DSC_0995

更に「遊ぼう十和田キッズサマーキャンプ」での人気のプログラム
「ポニーライダー検定・親子体験乗馬」でもご協力をいただき、毎年福島の子どもたちが馬に乗るのを楽しみにしているのです。
そしてこのプログラムは十和田乗馬倶楽部様を通じ、毎年「全国乗馬倶楽部振興協会」の「馬とのふれあいによる被災地支援事業」として認定され、活動資金の一部助成金も受けています。
※乗馬を楽しむ子どもたち

そんな全面的にバックアップをいただいている「十和田乗馬倶楽部」様。
今年は募金箱でもご協力をいただくこととなりました!
18718339_825145587649009_1241395145_n

青森県十和田市は昔「南部駒」として良馬の産地として栄え古くから駒の里でもあるのです。
そして、この活動をバックアップ頂いている十和田乗馬倶楽部様の「桜流鏑馬」は、第20回ふるさとイベント大賞にて「内閣総理大臣賞」を受賞。

十和田乗馬倶楽部ホームページ
http://towada-joba.com/

この活動は多くの十和田の人たちのご理解、ご協力があり実現できています。
そして毎年、福島の子どもたちが来ることを私たちだけでなくみんなが楽しみにしているのです。