遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ2016!終了報告

P1060656

遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ2016!終了報告

8月6日~8月9日 福島県伊達市の子どもたちとお母さんを青森県十和田市へ招待しての保養プログラム「遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ2016!」は無事に終了しました。
今年で3年目となるプロジェクトですが、今年は天候にも恵まれ、十和田湖畔の自然を満喫したキャンプを中心にこれまで以上に、子どもたちは元気に思いっきり夏を楽しめたことと思います。

8月6日
サマーキャンプ初日
十和田に到着して丁度、サンバカーニバルがスタート!
サンバカーニバルと言えば、サマーキャンプ最初の年にミニライブを披露してくれた十和田の歌手「桜田マコト」さんとの再会。
お母さんたちは「マコちゃーん」と声をかける。
マコトさんもステージから「ようこそ」と声をかけてくれ記念撮影。
夜の懇親会は、十和田のクラブ「CARBUS」さんにて行いました。
P1050526
その他の写真はこちら 
https://www.facebook.com/kidshoyousummercamp/photos/?tab=album&album_id=1044213672365926

8月7日
十和田湖宇樽部キャンプ場
今回の保養の中心となるプログラム。
やっぱり自然の中でのびのびと、ゆったりと、そして思い切り遊んでほしい。
子どもたちは朝からハイテンションで湖で泳いだりカヌーに乗ったり木登りをしたり。
それを笑顔で見守るお母さんたち。
キャンプは炊き出しチームとして、NPO法人BOND&JUSTICEの大土さんがなんと支援先の熊本からかけつけてくれました。
そして、ハンサム判治さんも大土さんと合流しキャンプに参加してくれることに!
P1050812
その他の写真はこちら
https://www.facebook.com/kidshoyousummercamp/photos/?tab=album&album_id=1044232275697399

8月8日
ポニーライダー検定
遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ!毎年恒例の人気のプログラム。
十和田の楽しんでもらうには乗馬は欠かせません。
最初の年は馬を怖がっていた子どもたちも一人で乗りこなすほどの成長ぶり。
気になる検定の結果は・・・もちろん全員合格!
※この日の午後予定していたロマンパーク広場での十和田の子どもたちとの交流会は、35℃を超える猛暑日のため子どもたちの安全を考慮し、中止とさせて頂きました。
P1060387
その他の写真はこちら
https://www.facebook.com/kidshoyousummercamp/photos/?tab=album&album_id=1044405945680032

8月8日
お別れ会
十和田で人気のラム善さんにてお別れ会。
ハンサム判治のウクレレミニライブあり、笑いあり、涙ありの大盛り上がり!
あっという間の3日間でした・・・
P1070021
その他の写真はこちら
https://www.facebook.com/kidshoyousummercamp/photos/?tab=album&album_id=1044688772318416

8月9日
見送りの時
道の駅十和田ピアでの買い物を最後にプログラムは終了。
十和田の野菜が欲しくなったらいつでも連絡をくれれば送ります。
夏に限らず、十和田に来たくなったら我が家で良ければ泊まりに来てください。
そんなことを最後の挨拶として言わせてもらいました。
「保養」は年々活動がしにくくなっています。
人々の理解や関心も「復興」とともに薄れていきます。
友達なんだからいつでも遊びに来てください・・・そんな活動になればいいと思っています。
P1070164
その他の写真はこちら
https://www.facebook.com/kidshoyousummercamp/photos/?tab=album&album_id=1044719622315331

寄付
pray for the ERATH様、十和田乗馬倶楽部チャリティーフェスティバル実行委員会様、十和田乗馬倶楽部様、新藤順一様、

募金箱協力
十和田市:焼き鳥かがみ様、吉金商店様、CARBS様、呑み猿様、肴や様、オオマグロック実行委員会様、ラム善様

協賛
タカクラ産業様
・オーガニックアウトドアアロマ虫よけ
・オーガニックアウトドアボディスプレー
・オーガニックボディーシート
http://www.takakura.co.jp/

共栄食品様
牛カルビ、豚カルビ5キロ
https://www.facebook.com/%E5%85%B1%E6%A0%84%E9%A3%9F%E5%93%81-%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%BC%E5%B8%82%E3%81%AE%E8%82%89%E5%B1%8B-839944789374215/

食材提供
十和田市、無農薬農家さん「苫米地様」「柿野様」「照井様」

朝日新聞クラウドファンディング「A-port」支援者の皆様
TamakiToyokazu様、ShinndoSachiko様、寺澤一雄様、YamaneKiyomi様、山本智美様、金子幸二様、和田かつみ様、国兼弘子様、鈴木灯美子様、中田 亮様、KomiyamaYoshinori様、原田真弓様

その他たくさんの方、団体よりご協力を頂きました。
皆様よりのお気持ちは子どもたちの夏休みの思い出となりましたことを深く感謝申し上げます。
子どもたちの笑顔をたくさん見ることが出来ました。
お母さんたちもそんな子どもたち笑顔で見守っていました。
原発事故後から約1年間の自主避難生活の話し。
福島県へ戻ってからの苦労やあきらめと決意。
たくさん話をすることも出来ました。
そして今思うことは、来年もこの活動が必要だということ。
今後もみんな地球の子どもじゃんの、この保養プログラムへ関心をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

13925668_653442591485977_1310728212794837876_o (1)