遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ2016!クラウドファンィングにエントリーしました。応援お願いします。

thum

福島の子どもたちに思いっきり遊べる夏休みを!
遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ2016!が
朝日新聞A-portの審査を通過し、クラウドファンディングへエントリーしました。
これまでこのプロジェクトは3月に行われる震災追悼イベント「pray for the EARTH」よりの収益のご寄付。
6月に行われる「十和田乗馬倶楽部チャリティーイベント」からの収益のご寄付。
地元十和田の商店街の方々が募金箱を置いて下さりそれによるご寄付。
などで実行してまいりました。
十和田に福島の子どもたちが来る方法はお母さんたちがマイカーを運転して、あるいは幼稚園のマイクロバスを善意でお借りしてなどでなんとかやってきましたが、今年で3年目となるこの保養プログラム。
やはり移動もゆっくりとしてもらいたい。
ということで、運転手付きのマイクロバスをチャーターすることを目標とし、それにより全体の予算が今年は膨らみました。
もし目標まで届かずチャーター出来なかった場合は、十和田からレンタカーを借りて迎えに行く方法へ切り替えます。
いずれにしましても、プロジェクトの実行は確約いたします。

今年は総勢20名が参加します!
うれしいことに1回目から参加いただいてる方が多数いらっしゃいます。
「十和田の保養は人気だから」と伊達市の幼稚園の先生に言われることはとてもうれしいことです。
それも、多くの十和田の方の協力があり、イベントの段階から「今年も十和田を楽しんでもらいたい」と皆の気持ちが一つになり、ここまで来るのに苦労や笑いや涙がたくさんあるからだと思っています。
保養プログラムは、プロジェクトの中でも実は大変な苦労を伴います。
実行できるのかという金銭的な課題も含めそこへたどり着くまでの道のりは楽ではありません。
無事に終えることができるようにとの心配もあります。

しかし、十和田に子どもたちが遊びに来て
元気に遊ぶ姿!
笑顔!
を見ると心からホッとします。
なによりそれを見つめるお母さん方の笑顔を見たときにここまで来ることができて良かったと思うのです。
そんなことで今からワクワクしてます。
福島の子どもたちもお母さんも地元十和田の仲間たちも、みんなで遊んじゃう保養!
それが「遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ!」です。

どうか、クラウドファンディングページよりツイート、シェアなどの情報の拡散。
ご支援をお願い申し上げます。
クラウドファンディングでのリターンは、少しでも十和田の良さを知っていただきたく、こちらも地元十和田の方々のご協力を頂き、伝統工芸品、伝統行事など十和田にちなんだものを揃えております。