学校へ行こうプロジェクト活動報告 2012年9月6日

1391459595-3-3

ジャカルタ支援先施設調査及び食料を中心とした物資寄付。
ライトオン様、豊島株式会社様より子どもたちへとお預かりした衣類をプレゼント。

■孤児施設ULUL ILMI
寄付により運営
全て親の居ない子どもたち 9歳から18歳まで364人の孤児たちを受け入れ 寝泊まりから教育までを行う施設。

■今後の支援
今後現地スタッフにより子どもたちへ布団、食料を中心に必要とされるものを支援し活動報告を行っていきます。今回は訪問の際、卵、米、ヌードルなどの食料と大きな子ども(女の子)が多いという事からライトオン様からお預かりした衣類も寄付して来ました。生活のほとんどをイスラムの衣装に身を包む彼女たちが目を輝かせていた光景がとても印象に残ります。
IMG_0645

■孤児施設 YAYASAN SEIA SEKATA
寄付により運営
親の居ない子ども、貧しい子どもたち3歳から18歳まで50人の孤児たちを受け入れ寝泊まり、食料を与えるための施設。

■今後の支援
今後現地スタッフにより子どもたちへ食料や衣類、施設の備品全般の支援を行います。今回は訪問の際、卵、ミルク、ヌードル、お菓子など食料を寄付。

■孤児施設YAYASAN YATIM PIATU KETAPANG JAKARTA
寄付により運営
全て親の居ない子どもたち 3歳から18歳まで100人の孤児たちを受け入れ寝泊まり、食料を与えお祈りなどの 活動をする施設。

■今後の支援に関して
今後現地スタッフにより子どもたちへ食料や衣類、施設の備品全般の支援を行います。今回は訪問の際、卵、ミルク、ヌードル、お菓子など食料を寄付。

■孤児院「PAZKI」
寄付により運営
親の居ない子どもたち、路上で生活する子どもたち5歳から18歳までおよそ50人ほどを受け入れ、寝泊まり、教育をする施設。音楽と共に祈り子どもたちの個性、可能性を引き出すプログラムで運営されている。

■今後の支援に関して
引き続き途中である建設のための支援、現地スタッフによる食料、衣類など物資支援を行います。今回は食料と共に豊島株式会社様より子どもたちへ子ども衣料をプレゼントしました。